関東と関西の風俗求人の違い

風俗店は日本全国どこにでもあります。都会でも田舎でも関係なく存在し、そのどれもに求人が出ています。しかし、日本の中でも地域によっては人の暮らしに差が生まれています。一番わかりやすいのは方言ですね。西と東では大きく言葉遣いが違います。それでは、風俗店の西東の違いを比べて、風俗求人を見るときの参考にしてみましょう。

風俗嬢が思う西と東の違い

関東・関西では東京・大阪を中心に繁華街が広がっています。ビル街や商業街、そして歓楽街です。風俗店は人の多い場所には必ずありますので、その都会で働く人や出稼ぎでいろいろな場所で働いたことのある人に、関東と関西の違いを言ってもらいました。
まずは現在東京でソープ嬢をしているTさんです。Tさんは以前まで大阪の難波でもソープ嬢をしていましたが、大きな違いを聞くと「女性の扱い方」と言います。もちろん関東・関西すべての男性と付き合ったわけではないので、一概にには言えませんが大阪の男性は若干荒っぽく女性を扱ったり、プレイが終われば冷たくなったり、とあまりいい印象がないようです。また、お客さんと働いている人という線引きをしっかりとする傾向にあるらしく、アフターで一緒になったりメールアドレスを交換したりしても楽しめないというのが正直なところのようです。逆に関東の男性は、どちらかというとしゃべることを楽しみにしているような雰囲気で、プレイ中も終わってからも気持ちよく過ごすことができるといいます。メールアドレスを渡せばプレイ以外の日常的なおしゃべりが主になり、出勤日を教えるとすぐに来てくれる、なんて人が多いようです。
もちろん一概に大阪の人すべてが、東京の人すべてが、ということはできません。しかし、こういった違いが大きいのは確かです。しかし、人によっては大阪のさっぱりした気質のほうがありがたいという人がいますし、自分の気持ち次第であることが分かります。

店自体の違い

店舗はたいてい一軒家方式ではなくアパートやビルのワンフロアを借りてお店としていることがほとんどです。関東・関西ともにこれは共通ですが、どちらかというと、関西は同じフロアにたくさんお店があったり、関東ではビル自体が古くどこに店があるのかわからないところもあったりと、建物自体の違いもあるようです。昔から繁華街だったところですので、古いビルが並んでいるのもうなずけます。
しかし最近できた新築ビルだときれいな環境で働くことができて、気持ち的にもウキウキします。店自体が新しくても、入っている建物が古ければ意味がありませんよね。

働く人の違い

htrthrs
関東・関西ではやはりその地方出身の人が働いていることが多くなっています。関東では東京や千葉、神奈川の人が働き、半分以下が出稼ぎでいろいろな場所から集まってきたという人が多いでしょう。東京になると、もともとが多くの地方からの出身が多いので、働いている人もたくさんの地方出身になります。大阪はあまり出稼ぎという人は見らず、関西出身の人が多くみられる印象があります。また、出稼ぎに数名他地方の人がいるかもしれませんが、地元系のサービスができるといわれています。
一番最初に言った大きな違い「方言」がありますが、東京や関東の店では、この方言を隠してしまう傾向にあり、関西のほうでは方言を隠さないという傾向にあります。これは男性としてはフェチをくすぐられるようで、この方言をつかってのプレイを望んで地方出身風俗を利用するという人も多いようですね。
風俗求人難波
■http://www.kosyunyu.com/kansai/minami_namba_nihonbashi/

更新情報